美しい歯と自然な噛み
心地を手に入れたい
~インプラント治療とは~

美しい歯と自然な噛み心地を手に入れたい~インプラント治療とは~

虫歯や歯周病、歯のケガ、加齢などによって歯を失ったとき、歯の機能を補う治療が補綴(ほてつ)治療です。その中でもインプラント治療は自然な噛み心地と美しい見た目が得られる治療で、多くの患者様から喜ばれています。

こちらでは名古屋駅近くの歯医者「名古屋ウィズ歯科・矯正歯科」がインプラント治療についてご説明します。当院では顎の骨が足りない方への骨造成処置も可能です。他院でインプラント治療を断られた方も、あきらめずご相談ください。

インプラント治療について

インプラント治療について

インプラントとは、人工歯根を用いて行う治療のことです。歯を失った顎の骨の部分にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上部に美しい人工歯を装着します。インプラント治療によって、自分の歯のような噛み心地や、天然歯と見分けがつかない美しい歯を取り戻せます。

インプラントと差し歯を混同される方もいらっしゃいますが、差し歯の場合には、ご自身の歯根を使用して、その上に人工の歯を装着します。これに対してインプラントでは、歯根がなくなってしまった場合に、手術で人工歯根を埋め込んで行われる処置です。

インプラントの構造をご存じですか?

インプラントは次の3つの部分から構成されます。

人工歯根(フィクスチャー) 歯を失った顎の骨の部分に埋め込む歯根部分
連結部分(アバットメント) 人工歯根の上に取り付けられる土台
人工歯(上部構造) 歯に相当する部分

インプラントやアバットメントの部分には、多くの場合、チタンやチタン合金という金属がつかわれています。チタンはからだとの親和性が高いのでなじみやすく、金属アレルギーを起こしにくい安心・安全な素材です。

また上部構造である人工歯の部分には、美しく機能的にもすぐれているセラミックがよく使用されます。

名古屋ウィズ歯科・矯正歯科のインプラント治療

  • インプラントの経験が豊富でスキルの高い歯科医師、歯科衛生士がそろっています
  • 顎の骨が足りないと言われた方への「骨造成処置」も行っています
  • 特殊なインプラント治療にも対応可能です
  • 歯科用CTを使ってくわしく状態を把握し、どのような治療が適切か判断いたします
  • インプラント治療の精度を高めるため、インプラント埋入ガイドと専用のコンピュータシステムを導入しています
  • 痛みの軽減や、組織の治癒力を高める効果が期待できるレーザー治療器を備えています
インプラント治療1回法、2回法の違い

インプラント治療には、1回法と2回法の2種類があります。この両者は、歯ぐきを切開する手術を1回行うか、2回行うかの違いです。

1回法 2回法
インプラント埋入手術を1回だけ行います。歯ぐきを切開する手術の際には、アバットメントとフィクスチャーが一体化したワンピースタイプのインプラントを使用。アバットメントはその先端部を歯ぐきの上に露出させた状態にします。1.5ヶ月~3ヶ月の期間を置くことで、顎の骨とインプラントを結合させ、上層部の土台を形成。2回法と比べて、インプラントの治療期間を短縮することが可能です。 2回法 1回目のインプラント手術では、フィクスチャーだけを埋入します。完全に埋め込んでから歯ぐきを縫合し、フィクスチャーと顎の骨が完全に結合するまで、3ヶ月~6ヶ月待ちます。麻酔をかけて再び歯ぐきを切開し、フィクスチャーにアバットメントをセットして土台を形成。1回法に比べて時間はかかりますが、しっかりと治癒期間を確保するため、インプラント脱落のリスクが低くなります。
顎の骨が足りないと言われた方への「骨造成処置」

顎の骨が足りないと言われた方への「骨造成処置」

インプラント治療では、人工歯根を顎の骨に埋め込みます。しかし骨が痩せてしまって、土台となる顎の骨の厚みが足りないと、埋入することはできません。こうしたケースでは、骨造成処置によって顎の骨を増やすことにより、インプラント治療が可能になります。

他院様でインプラントが無理と断られた方も、一度当院へご相談ください。患者様のお口の状態にもよりますが、当院の骨造成処置によってインプラント治療が可能になることもあります。なお、いずれの処置も保険適用外です。また、治療期間が延びる点をご了承ください。

サイナスリフト

サイナスリフト

サイナスとは、上顎洞(じょうがくどう)とよばれる上顎の上にある空洞部分です。上顎の歯ぐきの側面を切開し、骨を露出させ、四角く切り抜きます。側面からサイナスの底部分を押し上げてスペースを確保し、移植骨や骨補てん剤で埋めて、骨の厚みを確保します。

骨の厚みが5mmより少ないときや、多数の歯が抜けているときに行う治療法です。

ソケットリフト

ソケットリフト

歯の生えていた部分から上顎洞を押し上げて、骨の厚みを確保する方法です。上顎の骨の一部を、上顎洞をおおっている粘膜側にずらし、移植骨を入れていきます。インプラントを埋入するのに十分な厚みを確保してから、インプラント体を埋入します。

骨の厚みが4mm~10mmほどある場合に行う治療法です。サイナスリフトに比べて、傷口が小さく、痛みや腫れも少ないとされています。

PRF(多血小板血漿)

PRFとは、患者様ご自身の血液から、特殊な遠心分離機で血小板を濃縮して取り出した多血小板血漿を用いる再生療法です。血小板に含まれている成分が、骨の再生スピードを早めてくれます。

なお、患者様ご自身の血液を使用するため、副作用のリスクが少ないとされています。

GBR(骨再生誘導療法)

GBR(骨再生誘導療法)

インプラントを埋入後、骨補てん剤や自家骨(患者様ご自身から採取した別の箇所の骨)を入れてから、表面をメンブレンという特殊な膜でおおいます。これによって、歯ぐきの侵入をおさえながら顎の骨の再生をうながすことができます。

GBRは歯周病治療にも用いられる治療法です。

PICKUP当院ではCTを使ってくわしく状態を把握し、
どのような治療が適切か判断いたします

PICKUP 当院ではCTを使ってくわしく状態を把握し、どのような治療が適切か判断いたします

当院ではより安全なインプラント治療を行うために、歯科用CTを導入しています。通常のレントゲンでは2次元画像が得られますが、歯科用CTによって立体画像を用いることで、患者様の顎の骨の形や厚み、高さ、神経や血管の位置などを正確に把握することが可能です。

手術をともなうインプラント治療では、お口全体の状態をあらゆる角度から診査しておかないと、トラブルが生じる恐れがあります。CTで撮影された画像を用いて、患者様にわかりやすくご説明しますので、治療についてご不安のある方はお気軽にご質問ください。