• ホーム>
  • 審美歯科治療プラン・費用

審美歯科治療の
プランと費用

審美歯科治療のプランと費用

審美歯科治療とは、見た目にも機能的にもすぐれた人工歯に替える治療のことです。こちらでは、名古屋駅近くの歯医者「名古屋ウィズ歯科・矯正歯科」が、当院で行っている審美歯科治療プランとその費用についてご説明します。

当院では、おもにセラミック製の人工歯を用いて、審美性にも機能性にもこだわった治療を行っています。歯の見た目が気になっている方、メタルフリーの治療を受けたい方は、お気軽に当院へご相談ください。

セラミック治療(審美歯科)とは

セラミック治療(審美歯科)とは

セラミック治療とは、人工歯の部分にセラミック(陶材)を用いた治療です。セラミックは審美性が高く、耐久性にすぐれた素材です。金属アレルギーを起こさないのはもちろん、プラーク(歯垢)が付着しにくいことから、虫歯の再発を防ぐことにもつながります。

虫歯治療で使われるほか、銀歯をセラミックに交換したり、変色している歯をきれいにしたり、歯並びや歯の形を改善したりするのも可能です。当院では、患者様お一人ひとりの歯の形や色に合わせたオーダーメイドな治療を行っています。

セラミック治療のメリットとデメリット

メリット デメリット
  • 天然歯のように美しく透明感のある白い歯が手に入る
  • 耐久性にすぐれていて、劣化による変色もほとんどない
  • プラークが付着しにくいので虫歯の再発を予防できる
  • 金属アレルギーを起こしにくい
デメリット
  • 保険適用外の治療のため、費用が高額になる
  • 必要以上に強い力で噛むと、欠けたり割れたりすることがある
  • 強度の強い素材だと、噛み合う歯を傷つけることがある
  • 素材によって適用できない部位がある

名古屋ウィズ歯科・矯正歯科が取り扱うセラミック素材の種類

当院ではさまざまなセラミック素材をお取り扱いしており、患者様のご要望やご予算、お口の状態に最適な素材をご提案しています。こちらではそれぞれの素材について、メリットもデメリットも含め、ていねいにご説明しています。ご不明な点はお気軽におたずねください。

ジルコニアクラウン

外側に従来の歯科用セラミック、内側にジルコニアを使用した被せ物です。ジルコニアはセラミックの一種ですが、従来のセラミックよりも強度にすぐれた高品質素材です。人工ダイヤモンドとも呼ばれ、スペースシャトルの外壁にも採用されています。

ジルコニアクラウン 1歯110,000円
メリット デメリット
  • 白さと透明感にすぐれている
  • ほとんど変色しない
  • 汚れがつきにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 削らなければいけない歯の量が比較的多い
  • 強度が強く、噛み合う歯を傷つける恐れがある
e-maxクラウン

e-maxは二ケイ酸リチウムを主成分とする、新しいセラミック素材でつくられた被せ物です。柔らかすぎず硬すぎないので、噛み合う歯を傷つけません。従来のセラミックよりも強度があり、力のかかる奥歯に適用しても割れにくい素材です。小臼歯や大臼歯におすすめです。

e-maxクラウン 1歯86,000円
メリット デメリット
  • 透明感にすぐれている
  • 自然な色や明るさを再現できる
  • 高強度でありながら、噛み合う歯を傷つけない
  • ほとんど変色しない
  • 汚れがつきにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 前歯には採用できない
メタルボンドクラウン

内側に金属フレームを使用し、その表面にセラミックを焼き付けた被せ物です。内側の見えない部分が金属でできているため、強度にすぐれています。ほとんどの部位に採用できます。

メタルボンドクラウン 1歯86,000円
メリット デメリット
  • 強度にすぐれ、割れにくい
  • 力のかかりやすい奥歯にも使用できる
  • 表面はセラミックなので、自然な見た目を実現できる
デメリット
  • オールセラミックに比べて、透明感は劣る
  • 歯ぐきが下がると、金属のフレームがすき間から見えることがある
  • 金属アレルギーの心配がある
ゴールドクラウン

金合金でつくられた被せ物です。金属の中でも金は金属アレルギーのリスクが低い素材です。耐久性が高く、歯にしっかり適合するので、虫歯の再発リスクを下げることもできます。

ゴールドクラウン 1歯110,000円
メリット デメリット
  • 耐久性があり、奥歯に適している
  • 金属の中では金属アレルギーの心配が少ない
  • 歯にしっかり適合するので、虫歯の再発リスクを下げられる
デメリット
  • 白い歯列の中では目立ってしまう
  • 前歯の使用は適さない
ハイブリッドインレー

セラミックと歯科用プラスチック(レジン)を混合してつくられた白い詰め物です。適度な粘り気があり、噛み合う歯を傷つけません。価格もリーズナブルに抑えられます。

ハイブリッドインレー 1歯31,000円
メリット デメリット
  • 保険適用外の診療の中では比較的安価
  • 白さを調整しやすい
  • 噛み合う歯を傷つけない
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • セラミックに比べて、耐久性がやや劣る
  • 時間の経過による変色がある
セラミックインレー

すべてセラミックでつくられた白い詰め物です。見た目に自然で透明感のある仕上がりになり、汚れが付着しにくいという特徴があります。

セラミックインレー 1歯 53,000円
メリット デメリット
  • 自然な白さと透明感を再現できる
  • 耐久性が高い
  • 汚れがつきにくい
デメリット
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 削らなければいけない歯の量が比較的多い
ゴールドインレー

金合金でつくられた詰め物です。金属の中でも金は金属アレルギーのリスクが低い素材です。耐久性が高く、歯にしっかり適合するので、虫歯の再発リスクを下げることもできます。

ゴールドインレー 1歯43,000円
メリット デメリット
  • 耐久性があり、奥歯に適している
  • 金属の中では金属アレルギーの心配が少ない
  • 歯にしっかり適合するので、虫歯の再発リスクを下げられる
デメリット
  • 白い歯列の中では目立ってしまう
  • 前歯の使用は適さない
ファイバーコア

コアとは被せ物の土台となる芯材のことです。保険適用の金属製のコアに比べて、ファイバー製のコアは、光の透過性が高く、セラミックの透明感を損ないません。また弾力性があり、しなやかで、歯への負担も抑えられます。

ファイバーコア 1歯11,000円
メリット デメリット
  • セラミック製の被せ物の透明感を損なわない
  • 弾力性があり、歯根への負担が少ない
  • 強度や耐久性にすぐれている
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 歯根の状態によっては採用できない
  • 保険適用外なので高価
当院の審美治療アフターフォロー

審美治療後の歯の状態は、いつまでも美しく維持したいですね。名古屋ウィズ歯科・矯正歯科の審美歯科治療では、1年保証をご用意しています。治療後1年以内に万が一トラブルが発生した場合には、無料で対応させていただきます。

また、審美治療によって得られた良好な口腔内環境を保っていただけるように、当院の予防・メンテナンス処置をご活用ください。