妊娠中のお口のトラブル

こんにちは。

名古屋ウィズ歯科・矯正歯科の黒岩です。

本日は妊婦さんのお口のトラブルついてお話しさせていただきます。

 

妊婦さんはお口のトラブルが発生しやすくなります。

生まれてくるお子さまのお口の健康のために妊娠中は虫歯や歯周病に特に気をつけなければいけません。

 

妊娠時に見られやすい歯やお口のトラブル

歯茎に腫れや出血がある

知覚過敏の症状が起こる

歯に痛みがある

唾液が粘っこいと感じる

つわりで歯みがきができない

食事回数が増えて、歯垢が付きやすく感じる

 

妊娠により女性ホルモンが急激に増加することで歯周病菌が増殖しやすくなります。

血管の透過性が高まったり、唾液の粘性が高まって口腔の自浄性が低下することで歯肉の炎症や出血が起こりやすくなります。

つわりによる歯磨きが困難、胎児の発育によって食事回数が増加し歯磨きが不足してしまう。

それにより口腔環境は悪化してむし歯や歯周疾患のリスクは高くなります。

 

妊娠中は食事や間食の回数が増すので食後の歯みがきやうがいをこまめに行うようにしましょう。

つわりの時は、できるだけ気分のよい時に歯磨きを行い、困難な時はぶくぶくうがいをしましょう。

 

妊娠中は糖分や酸性の強いものを好むので日頃からお口の健康を意識した生活を送りましょう。

 

何かございましたら当医院までご気軽にご相談下さいませ。

一覧に戻る