縁下歯石について

こんにちは。

名古屋ウィズ歯科・矯正歯科の黒岩です。

本日は縁下歯石についてお話しさせていただきます。

 

歯茎の中につく歯石は黒褐色でとても硬いです。

 

歯肉からの出血が原因で、

歯肉溝滲出液が石灰化に強く関与しています。

縁上歯石に比べると量は多くないですが除去が困難になります。

 

歯周病の原因になり、

縁下歯石は「スケーリングルートプレーニング(SRP)」で除去します。

縁下歯石は歯茎の中にあるため麻酔をして行います。

ポケットが深いと取りきれない場合があり、その場合は外科処置が必要になる事もあります。

縁下歯石は歯周ポケットからの出血やポケット内のプラークが原因なので「出血しないこと」「歯周ポケットを作らないこと」によって防ぐことができます。

健康な歯茎を保つためには適切なブラッシングを行い清潔を保つことです。

歯だけではなく歯肉との境目も適切な圧でブラッシングしましょう。

歯と歯の間はフロス、歯間ブラシを使用しましょう。

1日3回一本ずつ丁寧に磨くことによりお口の中の環境は大きく変わります。

 

もう一度歯磨きの生活習慣を見直してより良いお口の健康を守りましょう。

 

当医院では3ヶ月に一度の定期検診をお勧めしております。

ご気軽にご予約お待ちしております。

一覧に戻る