オフィシャルブログ

顎関節症ストレッチ
2021/03/02 顎関節症ストレッチ

顎関節症に効果的なストレッチ

 

皆さんこんにちは!名古屋ウィズ歯科・矯正歯科でございます。

 

顎関節症でお悩みの方に効果的な簡単にできる顎関節症ストレッチをご紹介させていただきます!

 

【顎関節症の代表的な症状】

□口を閉じた時に下顎の位置が少しずれる

 

□顎が痛くて歌うどころじゃない

 

□歌いたくても口が何故だか開かない

 

□声じゃなくて顎から音が出ちゃった感じがする

 

 

【今日から顎のストレッチを始めましょう!】

 

1.ぐっと奥歯で噛む

 

2.口を開けずに止まると所まで顎を前に突き出す

 

3.出来るだけ大きく口を開ける

 

4.口を元に戻す

 

※1~4を10セットとして、朝夜に3セットずつ行って下さい

 

(ポイント)

痛みがある時は無理をしない様にしてください。

また、痛いときは痛み止めを飲んで症状が治まってからストレッチを再開してください。

 

 

SEISHOKAIグループの記念すべき9院目となる名古屋ウィズ歯科・矯正歯科ではラグジュアリーな雰囲気の医院内でリラックスしていただきながら、治療を受けていただけます。

まるでエステをに来たみたいと思っていただける様な院内作りから、カウンセリングでは、時間をかけて患者様とお話させていただいております。生涯綺麗で健康的な歯でいる為に、ご自身の納得がいくまできちんとお話させていただければと考えております。

まずはお気軽にご相談にお越しくださいませ。

歯周病の方必見アイテム
2021/03/00 歯周病の方必見アイテム

皆さんこんにちは。

名古屋ウィズ歯科・矯正歯科でございます。

 

本日は歯周病に効果的な歯磨き粉のご紹介いたします!

 

歯周病とは・・・

歯垢の中の細菌によって歯肉に炎症をひき起こし、やがて歯を支えている骨を溶かしていく病気のことです。歯周病が進行していくと、結果的に歯を失う原因を失う原因になります。

 

当院では、歯磨き粉とマウスウォッシュ(洗口液)がございます✨

 

【DENT.システマSP-T ジェル】

歯周病の発症を防ぐジェルタイプの歯磨き粉です。

ジェル状なので、薬用成分が歯肉や歯周ポケットに長くとどまります。研摩剤が配合されていないので、弱った部分にも優しく磨くことができます。

その他にも、虫歯の発生・進行の予防、口中を浄化する、爽快にする効果がありますよ!

 

成分には、殺菌成分のイソプロピルメチルフェノールを配合しております。歯と歯の間に付着しているネバネバした歯垢内に浸透し、高い殺菌効果を発揮します。

さらに、コーティング剤によって歯周病菌を寄せ付けません。

 

 

【コンクールF】

薬用マウスウォッシュです。

虫歯の発生および進行の予防、歯肉炎の予防、歯槽膿漏の予防、口臭の防止の効果があります。刺激が少なく、後味スッキリのミント味です!

 

高い殺菌力もあります。

コンクールFに含まれるグルコン酸クロルヘキシジン(殺菌剤)は、虫歯・歯周病・口臭の原因となる殺菌の繁殖を最大12時間抑制します。

 

◇使用方法◇

①コップに25~5omlの水を入れます。

 

②コップにコンクールFを5~10滴垂らします。

 

③お口に中に含み数回すすぎます。

 

 

 

90%は毎日の歯磨きで予防できますが、歯石を取ったり、古い汚れを定期的に取り除くことも大切です。

歯周病がどうか検査をしてもらい、定期的に歯のメンテナンスを受けることをオススメしております。

当院でも受け付けておりますので、いつでもご連絡お待ちしております。

 

名古屋ウィズ歯科・矯正歯科

052-564-8830

美肌になるために・・・
2021/03/02 美肌になるために・・・

こんにちは、名古屋ウィズ歯科・矯正歯科でございます。

 

本日はお口のことではないですが美容についてお話します。

 

美肌ケアとは

 

美肌になるための生活習慣をチェックしましょう

 

徹底的にスキンケアをしているのにどうしてお肌が荒れするの・・・

そんなことはありませんか?美肌はスキンケアだけで作り出せるものではないのです。

基本的な毎日の生活習慣を紹介致します。

生活習慣の乱れは、肌荒れに直結します。ではどのような要素が美肌をつくるのか・・・

 

睡眠

睡眠は美肌と深い関係があります。私たちの肌や体は一日で壊れた細胞などを睡眠中に改善・修復してくれます。睡眠不足が続くと体調もくずし、くすみ、肌荒れ、キメがなくなり化粧ノリが悪いなどお肌にも悪いことが起こります。

特に夜の10時〜2時頃お肌のゴールデンタイムです。とっても大切な時間です。一日の疲れを癒し、お肌がキレイになろうとする新陳代謝が活発に行われる時間です。睡眠はこの時間帯を含む8時間とれるようにしましょう。

 

ストレス

ストレスは美肌の天敵、ストレス。精神的な疲労や過労などのストレスは、体の免疫力や自律神経といった生理的な機能も低下させ、ホルモンバランスを崩してしまいます。

体の中では活性酸素が強力に発生し、正常な細胞にダメージを与えます。すると、お肌が生まれ変わろうとする新陳代謝や美肌の元となる細胞の活動も弱まり、シミやしわ・吹きでものや抜け毛などがおこってきます。ストレスはなるべく溜めないようにしましょう。

 

血行促進

美肌といえば「透明感」のあるお肌というイメージですがくすみのない透明感は実は血行のよさと関係しています。一日中パソコンで仕事していて座りっぱなしでいたり、長時間同じ姿勢を繰り返していたり、体が冷たく体温の低い方などは全身の血液の巡りが悪くなり、お肌がくすむ原因になっているかも。その場合は体を動かす、温かいものを食べるなどして内側から血行促進を心がけましょう。

 

食習慣

もちもちとした潤いと弾力のあるお肌を作るためには、体の中からバランスのよい栄養をとることが重要です。お肌を含めた体は、私たちが普段摂る食事の栄養を吸収しています。過度なダイエットや偏った食事はお肌が荒れる原因になります。

 

適度な運動

適度な運動は、ストレスの解消になり、血行をよくする効果があるため美肌を保つ必要になります。ただし、過度に行ってしまうとかえってストレスになってしまいますので気をつけましょう。

 

正しいスキンケア

インターネットでは、スキンケアについてあふれる程流れています。その情報に振り回され、スキンケアの基本を忘れてはいませんか?

 

この6つのことが美肌への第一歩になります。

当院ではスムースリフトというレーザー治療(リフトアップ)がございます。

興味がある方はご連絡お待ちしております。

舌癖について
2021/03/01 舌癖について

舌癖について

 

皆さんこんにちは!名古屋ウィズ歯科・矯正歯科でございます。

 

【舌の位置が悪いとどんな影響があるか?】

※舌が歯を押す力は歯列矯正でかける力よりも大きく、舌のが正しくないことで出っ歯、受け口、開咬、など歯並びの悪化に繋がります。

また、歯は顎の骨や頬や舌の筋肉に囲まれており、これらがバランス良く機能する事でお口の中が正しく機能します。

 

□上顎が狭くなる為歯並びが悪くなる

□顎の位置が変わる

□サ行タ行など発音しにくい

□睡眠時無呼吸症候群になる場合もある

□気道を狭くして口呼吸になる

 

 

【正しい舌の位置をご存知ですか?】

 

ポイント① 舌の先が上の前歯の裏にくっついている

ポイント② 舌の広い部分が上顎の裏に軽くつ付いている

 

 

【当てはまる人は注意、低舌位の特徴】

 

□いびきをかく

□声が小さい

□クチャクチャと音を立てて食事する

□滑舌が悪い、発音がしにくい

□舌の側面に歯形の跡がついている

□いつも口がポカンと開いている

 

※これらの状態にいくつか当てはまった方は(低舌位)の可能性が高いです。

 

正しい舌の位置に戻す事でたくさんのメリットがありますので

一度ご自身で正しい舌の位置にあるかチェックしてみてはいかがでしょうか?

矯正治療のメリット・デメリット
2021/03/01 矯正治療のメリット・デメリット

 

 

こんにちは名古屋ウィズ歯科・矯正歯科です!

 

 

本日は矯正治療のメリット・デメリットについてお話しいたします。

 

 

 

~メリット~

歯並びがきれいになりコンプレックスが解消される

  これは矯正をする一番大きなメリットだといえます。

 矯正治療を始められる方の8割が見た目を気にされてご来院しています。

 見た目がきれいになることで自分の歯や笑顔に自信が持てるようになります。

 

横顔がすっきり見える

  口元が出ている方は抜歯をして後ろに下げる動きをしていきます。

 それにより横顔がすっきりし、Eラインがきれいになります。

 

噛み合わせがよくなる

  歯列不正があり正常の位置で噛めていないと部分的に負担がかかっていることがあり

 そのような場合歯がすり減ってしまったり、痛みが出てしまうことがあります。

 なので噛み合わせを改善することで顎関節症の改善にもつながっていきます。

 

歯周病や虫歯の予防

  がたつきが強い方の場合、歯ブラシが当たらない箇所があります。

 それにより磨き残しがたまってしまい、虫歯や歯周病が進行してしまいます。

 歯列がきれいになることで全体的に磨きやすくなり虫歯や歯周病の予防につながります。

 

 

 

~デメリット~

高価

  ほかの治療に比べ自費治療のため金額が高価です。

 

治療期間が長い

  虫歯治療やかぶせ物の治療に比べて期間が長くかかってきます。

 期間に関しては装置や歯列によって異なります。

 

矯正による痛み

  矯正治療は歯を動かしていくのでそれに伴い押されるような痛みが生じます。

 調整から2~3日間は強く痛みが出ることがありますが、1週間ほどでなれてきます。

 

抜歯が必要なケース

  がたつきが強い方や口元を下げたい場合、抜歯が必要になります。

 怖いイメージや抜歯はできるだけ避けたい。と思われる方も多いかと思います。

 しかし、抜歯をすることで歯列のアーチ上に歯がしっかりとおさまり

 また口元が下がることで横顔がすっきりします。

 

歯肉退縮の可能性

  がたつきが強い場合や成人矯正の場合、

口腔衛生状態が悪く歯周病が進行している方は矯正治療により歯茎が下がることがあります。

 

矯正期間中の歯磨き

  矯正装置が着くと歯磨きが難しくなります。

 歯ブラシ一本では磨き残しがあるのでタフトブラシや歯間ブラシなどを

 併用してしっかりと磨く必要があります。

  装置をつけた際に詳しくご説明させていただきます。

 

治療方針の変更

  診断結果のお伝えの際に治療方針についてご説明させていただきますが

 歯の動きや口腔内の状況によっては、ほかの治療方針を提案させていただくことがあります。

 

 

 

いかがでしょうか?

当院では表側矯正、裏側矯正、マウスピース矯正など種類が様々です!

矯正の無料カウンセリングにて装置の詳しい説明や料金についてお話しさせていただきます!!

 

気になる方は是非お気軽にお問い合わせくださいませ♪♪

 

一緒にきれいな歯並びをGETしましょう

 

 

タフトブラシの使い方について
2021/03/01 タフトブラシの使い方について

こんにちは、名古屋ウィズ歯科・矯正歯科でございます。

今日はタフトブラシについてお話します。

みなさんタフトブラシという歯ブラシはご存じでしょうか?
普段の歯ブラシにプラスして使うのをオススメしております。

それではタフトブラシの使い方についてお話します。
・歯ブラシでみがいた後、みがき残しを鏡で確認したり、舌で触った感触がザラザラとしていないかなどをチェックします。
タフトブラシは「ペングリップ」(鉛筆の持ち方)で持つことをおすすめします。
鏡を見ながら、みがき残しが気になるところに毛先を当て、軽い力で小刻みに動かしてみがきましょう。
・ワイヤー矯正されている方はワイヤ-の下やブラケットが四角形なのでその周りにブラシをあて小刻みに動かして使います。
この時歯磨きをつけてもいいのですが
この時、ジェル状または液体の歯磨き粉をつけることをオススメしております。
一番奥の歯や親知らずが生えかけてる方は汚れがたまりやすいので
重点的に磨きましょう。

当院ではタフトブラシを販売しております。
気になる方は是非使ってみてください。

ナイトガードについて
2021/02/27 ナイトガードについて

皆さんこんにちは。

名古屋ウィズ歯科・矯正歯科でございます。

 

本日は「ナイトガード」についてご紹介させていただきます。

 

ナイトガードとは?

ナイトガードとは夜間に使用する取り外し式のマウスピースです🌸

顎の関節に加わる力を軽減したり噛み合わせを正しい位置に誘導します。夜間の歯ぎしり・食いしばりでお悩みの方や無呼吸症候群の方たちに使用して頂いております。

 

 

歯ぎしり・食いしばりの際に歯にかかる負担は、自分の体重の2倍~5倍とされています💦

一般的に食事の際の噛む力は10㎏程度とされています。

その何倍~何十倍もの力が持続的に顎や歯にかかるので、歯ぎしり・食いしばりが続けばどうしても歯が削れていきます。

 

 

~歯ぎしり・食いしばりで起こる被害~

・自分で自分の歯を削ってしまう

・歯周病の悪化

・歯が折れる・かぶせ物が壊れる

・顎関節症(開閉時に痛みや音がしたり、口が開きにくくなること)

 

【ナイトガードのメリット】

・寝ている間に歯ぎしり、食いしばりをしているかどうか確認できる。

・歯ぎしり・食いしばりによって歯が削れることを防止できる。

・歯ぎしり・食いしばりの力を弱めることができる。

・歯医者での噛み合わせの調整を、正しく行うことができる。

 

 

【ナイトガードのデメリット】

・コストがかかる。

・使い始めは違和感があり、顎の痛みや口の渇きなどが生じる場合がある。

・正しく使わないと歪んだり、ばい菌が繁殖したりする。

・定期的な歯医者でのメンテナンスが必要。

・耐用年数に個人差がある。

ナイトガードを作るには、現在の症状などを先生に確認してもらい、必要と判断された場合、

歯医者でかたどりをし模型をつくり、その模型に合わせナイトガードをつくっていきます!

 

歯ぎしり・食いしばりにお悩みの方は是非ご検討いただき、お気軽にお問合せ下さい!

 

名古屋ウィズ歯科・矯正歯科

~インビザラインの取り扱いについて~
2021/02/27 ~インビザラインの取り扱いについて~

こんにちは、名古屋ウィズ歯科・矯正歯科でございます。

 

本日はマウスピース型矯正装置インビザラインの取り扱い方法を簡単にお話します。

 

マウスピースの装着時間と日数

 

インビザラインは一日20~22時間ほど装着すると歯が矯正力を受けて動いてくれます。そしてマウスピース1枚で歯を動かせる最大の量は2.5㎜までです。これを7~14日で交換していきます。

 

※マウスピースは最低でも1日20時間は使用しないと歯がキレイに動いてくれないので20時間つけられない日は1日としてカウントしません。

 

マウスピースの取り扱い

 

基本はマウスピース装置を入れてもらいますがご飯と歯磨きの時は外してもらって大丈夫です。外すときは奥歯の内側のヘリに指をひっかけて外すと外しやすいです。そして外したらさっと水にくぐらせて乾燥させて専用ケースに保管してください。水道が近くにない場合はそのままケースに入れて保管してもらっても大丈夫です。そして装着の際は前歯の方から装着し奥歯まで入れてもらい浮きがないようにぴったりとアライナーを押して装着してください。補助的にチューイングシートを使用してアライナーと歯の浮きを軽減させます。

 

※ケースを持ち歩かないと飲食店などでティッシュにくるんだまま置いて店員さんにゴミと勘違いして捨てられる可能性がございます。

子どもの虫歯予防
2021/02/27 子どもの虫歯予防

こんにちは!

名古屋ウィズ歯科・矯正歯科です(^^♪

今日は子どもの虫歯予防についてお話していきます!

子どもの虫歯予防で大切なことは

①ミュータンス菌の感染を防ぐこと

②砂糖をとる量をコントロールすること

③歯の質を強化すること

です☺

 

①ミュータンス菌の感染を防ぐ

 ミュータンス菌は、生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内には存在しない細菌です。

しかし、奥歯が生える1歳6か月ごろから、周囲の大人の唾液を介してもたらされ、数が多いほど虫歯になりやすいとされています。

特に、1歳6か月から、子どもの歯4がすべて生えそろう2歳7か月ころまでが一番感染しやすい時期とされていますので注意が必要です。

ミュータンス菌の感染を防ぐためには、まず一番身近なご家族の口腔内の環境を整え、ミュータンス菌の数を減らしておくことが重要となります。

また、なるべく唾液がお子さんのお口に入らないようにすることが重要となります。

例えば、食べ物の口移しや、スプーンの共有などは控えましょう。

 

②砂糖の摂取量をコントロールしましょう

 砂糖をとると、お口の中のプラーク(歯垢)の中の菌が砂糖を分解し、酸を作り出します。

この作り出される酸によって、歯の表面が溶かされ、虫歯になってしまうのです。

この酸性の環境を中和してくれる働きがあるのが唾液です。

しかし、だらだらと砂糖を摂取し続けてしまうと、口腔内がずっと酸性の環境になり、歯が溶けだしてしまうのです。

 

③歯の質を強くする

 歯の質を強化するために取り入れたいのがフッ素です。

フッ素は、歯の質を強化し、虫歯になりにくい丈夫な歯を作ってくれます。

また、虫歯になりかけの歯の再石灰化を促進したり、プラーク(歯垢)の中にも作用し、酸が作られるのを抑える働きがあります。

歯にフッ素を取り込む方法としては

・歯科医院での高濃度フッ素塗布

・ご家庭でのフッ素洗口

・フッ素入り歯磨き粉の使用

などがあげられます。

 

お子様の虫歯予防のためにできることを3つご紹介しましたが、いかがでしょうか?

ご家庭で虫歯予防に気を付けて頂くとともに歯科医院での定期健診もとても重要になってきます。

名古屋ウィズ歯科・矯正歯科では子どもの虫歯治療やクリーニングなども行っておりますので気になることがあればご来院ください(^^♪

歯を強くするのは・・・フッ素
2021/02/26 歯を強くするのは・・・フッ素

こんにちは、名古屋ウィズ歯科・矯正歯科でございます。

 

本日はフッ素についてお話します。

 

フッ素とは

フッ素とは、栄養素の一種で、自然界では海草やお茶の葉にも含まれているものです。そのため、私達は普段から無意識にフッ素を体に取り込んでいます。
フッ素は、歯や骨が作られるときや、それらを健康に保つために、必要不可欠なものなのですが、歯の健康を保つためには、食べ物や飲み物だけでは、十分なフッ素摂取は不可能なので、むし歯予防のためには、フッ素を取り入れる必要があります。

 

フッ素はいつから使うの?

フッ素は生えてきて間もない歯に使うのが一番効果的です。

乳歯は生後6ヶ月から3歳半頃まで、永久歯(親知らずは除く)は4歳頃から中学3年生頃までに生えてきます。その時期に使うと一番効果があります。また、最近では、大人の歯の根面のむし歯にも20〜30%の予防効果があるという研究報告もありますので、フッ素の利用は一生続けたほうが良いと言われています。

 

当院ではフッ素塗布できますのでご連絡おまちしております。