歯並びや噛み合わせを
改善したい
~矯正治療とは~

歯並びや噛み合わせを改善したい~矯正治療とは~

「よくない歯並びが気になって、自然な笑顔ができない」とお悩みの方はいらっしゃいませんか? こちらでは、名古屋駅近くの矯正歯科「名古屋ウィズ歯科・矯正歯科」が行っている矯正歯科治療についてご説明します。

歯並びの乱れは見た目がよくないだけではありません。悪い歯並びのままでいると、さまざまな健康上のリスクが生じることもあるのです。歯並びが気になっている方は、まずはお気軽に当院へお問い合わせください。

歯並びをきれいにするのが矯正歯科です

歯並びをきれいにするのが矯正歯科です

出っ歯や受け口、すきっ歯、八重歯など、きれいにそろっていない歯並びや噛み合わせのことを専門用語で「不正咬合(ふせいこうごう)」といいます。こうした歯並びの乱れをきれいに整えていく治療が矯正歯科治療です。

一般的には、矯正装置を使って、歯をゆっくりと正しい位置に動かしていきます。矯正治療は、見た目をきれいにするだけでなく、食べ物がしっかり噛めるようになったり、明瞭に発音できたり、虫歯や歯周病にリスクが低下したりなど、健康面でさまざまなメリットのある治療です。

歯並びと噛み合わせが合わなくなるといろいろな症状が出ます

  • 食べ物をしっかりと噛むことができなくなる
  • 虫歯や歯周病にかかりやすくなる
  • 発音が不明瞭になる
  • 口臭になることがある
  • お口まわりのケガをしやすくなる
  • 顎関節に負担がかかり、顎関節症(がくかんせつしょう)の原因となる

矯正歯科を受けるメリット

噛み合わせがきれいに整う 自然な笑顔になれる
歯並びが整うことで、噛み合わせも整い、左右の歯でバランスよく、しっかり噛めるようになります。 自然な笑顔になれる 歯並びの乱れからくるコンプレックスが解消され、人前でも自然な笑顔でいられるようになります。
虫歯や歯周病リスクが減る からだのバランスを整える からだ全体の健康を整える
歯並びが整うことで、歯磨きをしっかり行えるようになり、お口の中の健康状態が整います。これによって虫歯や歯周病にかかるリスクを減らすことができます。 からだのバランスを整える 歯並びが整い、噛み合わせが正常に戻ることで、からだ全体のバランスが維持されます。バランスの乱れからくる頭痛や肩こりなどが解消されることもあります。 からだ全体の健康を整える しっかり噛むことで表情筋を刺激し、顔の左右バランスを整えることにつながります。しっかり噛むことは脳に刺激を与えたり、唾液の分泌を促したりして、免疫力のアップも期待できます。

女性のための矯正治療

女性のための矯正治療

顔の真ん中にあるお口は、対面すると目立つ位置にあります。歯並びの乱れが原因で、「人前で思いっきり口を開けて笑えない」「他人からの視線が気になる」「口元を手でおおってしまう」など、コンプレックスをお持ちの方も少なくありません。

接客業や営業職など、対面することの多い方、あるいは成人式や就職活動、結婚式など、人生における大きなイベントを控えている方など、歯並びを改善することで、自信が持てるようになることでしょう。

当院では結婚式などのイベントに向け、計画を立てて矯正治療を行っていくことも可能です。歯並びにお悩みの方はお早めにご相談ください。

子どものための矯正治療

子どものための矯正治療

お子様の歯並びが気になっているという親御様は多いでしょう。でも、いつから矯正治療を始めたらいいのか、よく分からないという方もいらっしゃるかもしれません。

子どもの矯正治療では、お子様の顎が成長する力を利用することが可能です。上下の顎の正常な発育をうながしながら、歯がきれいに並ぶスペースを確保していくことによって、大切な永久歯を抜かずに歯並びを整えられることもあります。

なお、子どものための矯正治療は、お一人ひとりの歯並びや成長の度合いなどによって適切な時期が異なります。お子さんに適した治療時期を見きわめるためにも、早めに当院へご相談ください。

1期治療・2期治療

1期治療 2期治療

お子様の顎の骨の成長を利用して、歯が並ぶ顎のスペースを広げるのが目的の治療です。治療は乳歯と永久歯が混在している時期に行います。

1期治療

本格的な矯正装置を使用して、理想の位置に永久歯を動かしてに導くのを目的とした治療です。

2期治療

悪い歯並び(不正咬合)には種類があります

上顎前突
(じょうがくぜんとつ)
下顎前突
(かがくぜんとつ)
開咬
(かいこう)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

いわゆる「出っ歯」と呼ばれる歯並びです。上の歯列が下の歯列よりも前方に突き出しています。歯の生え方や上下の顎のバランスに原因がある場合に上顎前突となります。

下顎前突
(かがくぜんとつ)

下顎前突(かがくぜんとつ)

いわゆる「受け口」と呼ばれる歯並びです。下の歯列が上の歯列よりも前方に突き出しています。上顎前突と同じく、歯の生え方や上下の顎のバランスに原因があると考えられます。

開咬
(かいこう)

開咬(かいこう)

奥歯をきちんと噛み合わさっているのに、前歯がうまく閉じず、すき間ができている歯並びです。「オープンバイト」ともいわれます。しっかり噛めなかったり、滑舌が悪くなったりすることがあります。

叢生
(そうせい)
交叉咬合
(こうさこうごう)
正中離開
(せいちゅうりかい)

叢生(そうせい)

歯列がデコボコで、重なり合って生えている歯並びです。「乱ぐい歯」ともいわれ、「八重歯」も叢生のひとつです。顎が小さかったり、歯が大きかったりして、歯がきれいに並ぶスペースがない場合に生じます。

交叉咬合
(こうさこうごう)

交叉咬合(こうさこうごう)

上下の歯を噛み合わせたときに、歯列が交叉している歯並びです。「クロスバイト」ともいわれます。しっかり噛めなかったり、顔にゆがみが生じたりすることがあります。

正中離開
(せいちゅうりかい)

正中離開(せいちゅうりかい)

いわゆる「すきっ歯」と呼ばれる歯並びです。前歯の真ん中にすき間がある場合を「正中離開」、歯列全体にすき間がある場合を「空隙歯列(くうげきしれつ)」と呼びます。すき間に食べ物がはさまったり、発音がスースーしたりします。