オフィシャルブログ

ウォーキングブリーチ~変色した歯を白くする~
2021/02/26 ウォーキングブリーチ~変色した歯を白くする~

こんにちは!

名古屋ウィズ歯科・矯正歯科です(^^♪

今日は、「ウォーキングブリーチ」についてお話していきます!

過去に歯の神経をとったり、歯をぶつけてしまって神経が失活してしまった歯で、黒く変色してきてしまったことはありませんか?

ウォーキングブリーチは黒く変色した歯の内側に薬剤を入れて、漂白して白くするホワイトニング方法です。

~治療のステップ~

1歯の状態を確認

 ウォーキングブリーチができる状態かどうか、レントゲンを撮影し、歯の根や内部の状態を確認していきます。

根の状態によっては、根の再治療から必要になる場合がございます。

 

2説明

 ウォーキングブリーチの内容を十分に説明し、ご納得いただいてから施術を行います。

 

3歯の色を決める

 現在の歯のお色味を患者様と確認し、歯の裏側に白くする薬剤を入れる場所を作ります。

 

4薬剤を入れる

 根元の部分に薬剤がしみこまないようにしっかりと蓋をし、白くなる薬剤を入れていきます。

 

5ほかの歯と同じくらいの色になるまで繰り返す

 これを数回繰り返し、ご納得いく白さになりましたら最終的な詰め物をして終了となります。

 

患者様の歯の状態によっては施術できない場合もございますので、まずはカウンセリングにお越しください。

 

~よくあるご質問~

Q 痛くありませんか?

A もともと神経のない歯に行う治療ですので、お痛みはほとんどありません。しかし、場合によっては根の治療からしていく必要がございます。

 

Q 神経のない歯ならどんな歯でも行えますか?

A ウォーキングブリーチを行うのに十分な歯質が残っていないと行えません。また、表面に大きな詰め物が入っている場合なども不向きです。別の治療法もございますので、カウンセリング時にご提案させていただきます。

 

Q 元の白さにまで戻りますか?

A ウォーキングブリーチは染み抜きのようなものですので、周りの歯と全く同じ色にできるものではございません。個人差がございますがあまり色味が戻らない場合もございます。

かぶせ物をするのは嫌だけど、色味を目立たなくしたい方に向いている治療法です。

 

Q 治療中の歯の見た目はどうですか?

A 変色が取れて歯が白くなっていく以外に見た目に変化はございません。治療は歯の裏側から行います。

 

歯周病について
00/02/25 歯周病について

 

 

こんにちは名古屋ウィズ歯科・矯正歯科です✿

 

 

本日は歯周病についてご説明いたします。

 

 

 

歯周病とは30歳以上の約80%の割合でかかっているといわれています。

そもそも歯周病とはどのようなものかご存じですか?

 

 

 

=歯周病とは?=

歯周病とは、細菌の感染により引き起こされる炎症性疾患です。

歯肉の炎症や進行すると歯を支える骨(歯槽骨)が溶けてしまう病気です。

 

 

歯と歯茎の境目(歯肉溝)の清掃が行き届いていないでいると

歯茎がぶよぶよとした感じになったり、出血が起こるのは細菌によって炎症を起こしているからです。

 

 

さらに進行すると、膿が出たり歯が動揺してきたりして

歯を支える骨(歯槽骨)が溶け、最後には歯を抜かないといけなくなります。

 

ストレスや喫煙などの生活習慣や、糖尿病などの病気によって免疫機能が落ちていると歯周病は進行しやすくなってしまいます。

 

 

 

歯垢は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。これはブラッシングだけでは取り除くことができません。

この歯石の中や周りに更に細菌が入り込むと歯周病を進行させる毒素を出し続けます。

 

 

健康な歯肉

・薄いピンク色の歯肉

・歯と歯の間に歯肉が入り込んで弾力がある。

・歯肉が引き締まっている。

・ブラッシング時に出血しない。

 

 

歯肉炎

・赤色の歯肉

・歯と歯の間の歯肉に丸みがあり、膨らんでいる。

・ブラッシング時に出血する。

・腫れた歯と歯肉との間にプラークがたまっている。

 

 

歯周炎

・赤紫色の歯肉

・ブラッシングで出血がある。

・膿が出る

・歯と接している歯肉がさらに腫れる

・歯と歯の間が広がり食べ物がよく詰まる。

・歯肉が退縮して歯が長く見える。

・歯周ポケットが深くなり歯を支える骨(歯槽骨)が溶ける

 

 

 

=歯周病は治る??=

 歯周病は予防ができ治療も可能です。

・正しいブラッシング方法を毎日実行することで歯の表面にプラークがついていない清潔な状態にしておくことが大切です。

 

・歯と歯肉の間の溝に入っている歯石を取り除き、炎症を起こす原因となる細菌を徹底的に除去する。

 

 

 

 

毎日のブラッシング方法は本当に正しいのかわからない方もいらっしゃると思います。

定期検診では歯周病の検査、歯石取り、着色取りなどを行い

患者様からのご質問にもお答えいたしますので

普段の歯磨きでの疑問もお気軽にお問い合わせください!!

 

 

健康な歯肉を一緒に目指しましょう☆

 

 

 

矯正の無料カウンセリングも受け付けております!

 

 

 

審美補綴~Dental Esthetic~
2021/02/25 審美補綴~Dental Esthetic~

こんにちは!名古屋ウィズ歯科・矯正歯科です。

今日は審美補綴についてお話していきます!

審美補綴とは、見た目を白く美しい歯にすることを追求する歯科治療と一般的に言われています。

当院の審美補綴は見た目の美しさはもちろんのこと、銀歯などの金属を使わないでオールセラミックやジルコニアなどのメタルフリーの素材を使って治療することで、金属アレルギーや金属イオンによる歯肉の黒ずみのリスクを減らすことを考慮した治療をご提案できます。

また、審美的にも機能的にも美しく、健康に長く保っていただくことを重視した審美歯科治療をモットーとしております。

 

今回ご紹介する症例の患者様の主訴は、前歯のすきっぱと反対咬合を治したいとのことでした。

上の前歯6本をジルコニアクラウンでかぶせ物にして治療しております。

最終形態を技工所にてワックスアップ(患者様ごとの口腔内の状態を加味した機能的・審美的な治療の指針を決めるためにワックスを使った模型を作成すること)し、患者様に確認して頂いたうえで仮歯を作成し、装着しました。

前歯の治療と併せて、ホワイトニングをご希望されたのでホワイトニングを行い、仮歯装着後の経過で特に痛みなどもなく、歯肉の状態も安定していたため、その後型どりを行っております。

シェード(色合わせ)を確認し、カメラにて撮影を行いました。

最終補綴装着時には、全体的に明るく、気にされていた前歯の隙間、反対咬合も改善することができました。

今回の治療にかかった期間は約2か月ほど、治療回数は4回です。

全てのかぶせ物治療では歯肉の状態が大変重要となりますので、患者様にも清掃指導を徹底し、クリーニングを行うことで歯肉に炎症が起こりにくいように注意していただいております。

 

セラミック治療でただ白い歯にするだけでは、治療によっては後から不自然な見た目が気になったり、機能的にも予後が悪くなる可能性がございます。

 

名古屋ウィズ歯科・矯正歯科では、患者様のご希望をしっかり伺ったうえで、健康な口腔内をできるだけ長く保っていただくことを重視した審美歯科治療を行っております。

様々なケースに対応できるよう審美歯科のみではなく、矯正治療なども踏まえたうえで患者様へ複数の選択肢をご提案し、メリット・デメリットをしっかりとご理解していただいてから治療を行っております。

歯はお顔の印象を決める大切な部位です。また健康にも深くかかわってきます。

気になることがございましたら是非無料カウンセリングへお越しください。

歯肉の黒ずみに『ガムピーリング』
2021/02/25 歯肉の黒ずみに『ガムピーリング』

こんにちは!名古屋ウィズ歯科・矯正歯科です。

今日は歯肉の黒ずみについてお話させていただきます!

そもそも、歯肉の黒ずみの原因は何か知っていますか?

その主な原因は「メラニン色素」です。

メラニン色素は紫外線や喫煙、食べ物の刺激などが原因で皮膚の基底層にメラノサイト(色素細胞)で生成されます。

お肌と同様、表層だけに存在しているので、メラニン除去・ピーリングにてキレイにすることができるのです。

黒ずんでしまっている歯肉だけで不健康・不潔など悪いイメージがついてしまっては悲しいですよね・・・

そこで、黒ずんでいる歯肉をきれいなピンク色にリフレッシュできる方法が「ガムピーリング」なのです!

 

~例えばこんな方~

長年のたばこ(喫煙)で黒ずんでしまった

紫外線や口呼吸などで黒ずんでしまった

食物の刺激

遺伝的要因

あなたはいくつ当てはまりましたか?多ければ多いほど、その頻度や濃さに影響してきてしまうかもしれません。

当院で行うガムピーリングでは、表面麻酔を塗布後、薬剤を使用して行っていきます。

施術直後は、薬剤の影響で塗布した部分が白っぽくなっていますが、7~14日程度でピンク色の歯肉になります。1度の施術できれいなピンク色になる方もいらっしゃれば、歯肉の黒ずみが強い方ですと複数回に分けて施術を行うことで効果を高めていく場合もございます。

お痛みの感じ方は人それぞれですが、当院では施術前に塗るタイプの麻酔を使用しておりますので痛みを和らげることが可能です。

また、ガムピーリング後はしっかりと効果をだすため刺激の強い食事や喫煙はなるべく控えて頂く必要があります。

1回の施術にかかるお時間は、約30分ほどです。

長い年月をかけてだんだんと蓄積された黒ずみは、市販のお薬などではなかなかきれいにすることはむずかしいですよね。

名古屋ウィズ歯科・矯正歯科にご来院いただければ、約1週間~2週間後にはきれいなピンク色の歯肉を取り戻すことができます。

この機会にぜひ、当院のガムピーリングをご利用ください。

美人の定義!『E-line』
2021/02/25 美人の定義!『E-line』

こんにちは!名古屋ウィズ歯科・矯正歯科です。

今回は矯正治療のカウンセリング時に特に気にされている方が多い、 E-line(エステティックライン)についてお話していきます。

まずはみなさん、E-lineとは何かご存じですか??

美人の定義の一つとされており、1954年に歯科矯正医のロバート・リケッツが提唱した、横顔を見たときの美の基準です。

理想のE-lineとは・・・

顔を横から見たときに、鼻の先端と顎を結んだ線をいい、そのラインより少し内側に唇があるのが理想のEーlineと言われています。

日本人はやや鼻が低いため、E-line上に唇が少し触れるくらいがよいとされています。芸能人の方の横顔を見てみると、やっぱり横顔も美しい方が多いですね!!歯並びが悪いとこのE-lineにも影響が出てしまいます。

例えば、上の歯が前に出ている方は上唇も外にはみ出してしまいますし、受け口の場合は下唇が前に出ます。

このように、よくない歯並びは横顔の美しさのバランスにまで影響を及ぼしてしまうのです。

ご自身でもE-lineは簡単に確認することができます。

人差し指を鼻と顎に当ててみて、唇が少し触れるくらいなら理想的なE-lineをお持ちといえます。

さて、このE-lineは、歯科矯正で改善できることがあります!

矯正治療をすることで、がたつきだけではなく、横顔の印象も変えることができるのです。

また、出ている口元が下がることで、見た目の美しさだけだはなく、口唇が自然と閉じられるようになることで鼻呼吸の獲得など口腔周囲の機能改善にもつながります。

ご自身の顔をご覧になるときは、鏡で正面から見ることが多いと思われますが、他人は横から見ることが多いものです。他人から見たその人の印象は、横顔で決まるといっても過言ではありません。

ウィズ歯科では、一度お口の中やお顔全体のバランスを拝見して、患者様一人ひとりにあった治療プランをご提案させていただきます。

人によって抜歯が必要になったりと治療の方針は様々ですので、気になる方はぜひ当院の無料カウンセリングにお越しください。

 

ガミースマイル
2021/02/25 ガミースマイル

ガミースマイルについて

 

こんにちは!名古屋ウィズ歯科・矯正歯科でございます。

本日は多くご質問頂くガミースマイルについてお話させて頂きます。

 

 

【ガミースマイルとは?】

笑った際に上の歯茎が大きく見えすぎてしまう事です。

芸能人の方でも非常に多く個性としてチャームポイントの一つでもあるので必ずしも直さなければいけないといったものではありません。

ただ、ガミースマイルは骨格や歯並びが原因となってることも多く、ガミースマイルの方は噛み合わせ等で問題を抱えている場合があります。

 

【ガミースマイルの原因について】

 

(唇に問題がある場合)

上唇を持ち上げる筋肉が発達しすぎている場合や、上唇自体が縦に短い場合がございます。

 

(歯茎に問題がある場合)

歯茎が発達しすぎ、歯に覆いかぶさっている場合などがあります。

 

(骨や歯が原因となる場合)

上顎の骨が縦に長い場合や上顎の骨や前歯が下顎と比べて前に出ている上顎前突(出っ歯)の場合にガミースマイルを引き起こしやすくなります。唇に対し、上顎の歯茎のアーチ部分が相対的に長くなるので歯茎部分が唇に収まりきらずに出ます。逆に言うと歯茎部分が上唇を押し上げてしまい、歯茎が露出してしまうのです。

 

 

※ウィズ歯科・矯正歯科ではこうした骨や歯が原因となってるガミースマイルの治療などもおこなっておりますのでお気軽にご相談くださいませ。

矯正治療の注意事項
2021/02/24 矯正治療の注意事項

こんにちは、名古屋ウィズ歯科・矯正歯科でございます。

 

本日は矯正中に注意すべきことについてお話します。

 

・矯正器具が口の中に入っていると、歯ブラシでは磨きにくい部分が出てきてしまいます。しかし、念入りにケアをすれば、むし歯を防ぐことができます。歯科衛生士がしっかり磨き方をレクチャーしますので、それを守ってお口の中を常にきれいにしておきましょう。

 

マウスピース矯正の場合はマウスピースが着脱可能なため、いつもどおりの歯磨きをすることが可能です。

 

・注意すべき食べ物

ガムやグミやお餅などの粘着力の強い食べ物

矯正器具にくっつくとなかなか取れないため、汚れの原因になります。

また装置が外れてしまう原因になります。

 

・硬い食べ物

噛んだとき、器具を傷つける可能性が高いです。

また装置が外れる原因になります。

矯正の痛みがあるうちは硬い食べ物を無理やり食べないようにしましょう。

 

・カレー、コーヒーやケチャップなどの色素の濃い食べ物

ブラケットの周りのゴムの変色の原因になります。

 

この他にも気をつけるべき事はございますので

なにかご不明点ございましたらお問い合わせお待ちしております。

歯ブラシの種類について
2021/02/25 歯ブラシの種類について

名古屋ウィズ歯科・矯正歯科の歯ブラシの種類

 

 

 

こんにちは

名古屋ウィズ歯科・矯正の古田です。

 

皆さん毎日歯を磨く時に使っている歯ブラシ、どれを使っても同じだと思っていませんか?

今日は歯ブラシの種類とフロスの必要性についてお話していこうと思います!

 

 

  1. ルシェロ歯ブラシ P-20セピラ

歯ブラシの毛の部分が長い毛と短い毛を混合させています!

長い毛は、歯の間まで清掃します

短い毛は、歯の表面を清掃します

違う目的の毛を混合させる事によって高い清掃性を発揮します!

 

 

 

  1. ルシェロ歯ブラシ W-10

すべての毛がなんとひし形になっています!

毛先をひし形にする事によってステインを効率的に除去する事が可能になります。

さらに効率的にステインを除去するために『ルシェロ歯磨きペースト ホワイト』と一緒に使用することにより美白効果が最大限に発揮されます!

 

 

 

  1. EX onetuft(イーエックス ワンタフト)

この歯ブラシは、ブラシの部分が丸くて小さい歯ブラシになっています!

そのため普通の歯ブラシで磨きにくいところをピンポイントで磨くことができます

・重なり合っている歯

・矯正装置の周辺

・斜めに生えている親知らずの隙間

・インプラント部

 

歯ブラシだけでも歯磨きは十分に思われている方やフロスだったり歯間ブラシはめんどくさいと思われている方は多いと思います。

 

 

実際の清掃率の違い

 

歯ブラシのみの・・・60%

歯ブラシとフロス・・・85%

 

この結果からもわかるように歯ブラシだけだと不十分な事がわかりますよね!

フロスを使用する事によって清掃率が約1.5倍変わってきます

それでも取り切れない部分があるので3か月に1度は定期健診として歯科医院でしっかりクリーニングを受けることがオススメです!

 

 

いかがでしたか。毎日使う歯ブラシ1本だけでも奥深いものですね♡

少しでも興味を持って日常の歯磨きをするだけでも

毎日の歯磨きが楽しくなりますね(^▽^)/

 

 

ウィズ歯科・矯正歯科でクリーニング受けてみませんか?

お気軽にお問い合わせください!

滅菌について
2021/02/24 滅菌について

当院の滅菌体制への取り組み

 

 

 

 

 

皆さんこんにちは

名古屋ウィズ歯科・矯正歯科の古田です。

 

歯科医院での治療では、治療に使う器具が必ず唾液や血液が付着してしまいます。

そのため治療に使った器具は滅菌する必要があります。

今回は当院での器具の滅菌についてお話していきます!

 

 

最初に、除菌・消毒・殺菌・滅菌の違いって分かりますか?

よく耳にする言葉だけど違いがわからない方も多いんじゃないかなと思います

 

 

  1. 除菌

細菌やウイルスの数の減少を表します。

 

  1. 消毒

細菌やウイルスを害の無い程度まで減らしたり、毒性を無力化することを表します。

 

  1. 殺菌

細菌やウイルスを殺すことを表します。

しかし、大きな落とし穴があります!

  1. 匹の細菌がいてそのうち10匹殺しても殺菌と言えてしまいます。

 

  1. 滅菌

有害・無害に関わらず存在している全ての細菌や微生物などを全て除去する事を表します。

 

滅菌のみ確実に死滅させるため、医療現場において特に重要になってきます!

 

 

当院での滅菌方法は、水洗、超音波、オートクレーブを併用し行っています!

 

オートクレーブ滅菌によって、細かい器具や色々な器具の滅菌を効率よく行えます!

お口の中にはたくさんの菌、ウイルスが存在するため使用器具の滅菌は重要なため当院においても重要ししています!

 

滅菌、消毒を徹底しておりますのでご安心して治療を受けて頂く事が出来ます

フロスについて
2021/02/24 フロスについて

 

 

こんにちは

名古屋ウィズ歯科・矯正歯科でございます。

 

 

本日はデンタルフロスについてご紹介いたします。

 

フロスとは歯ブラシでは清掃できない

隣接面、臼歯の側面などについたプラーク除去に対して有用であり

歯周病や虫歯を予防する目的で使われる

補助清掃用具です。

 

 

 

★効果★

①歯間部隣接面のプラーク除去効果の向上

 

②う蝕(虫歯)や歯周病の予防

 

③口臭の予防や改善

 

④う蝕(虫歯)や歯周病、修復物の適合不良の早期発見

 

 

 

フロスを使っていて「いつも同じ箇所で引っかかる」「フロスがばらけてしまう」「フロスが切れる」など気になるときは、う蝕(虫歯)や適合不良の補綴物が存在する可能性があります。

 

 

〇ワックスタイプ

 繊維がワックスでコーティングされているので

歯間部に挿入しやすくまたフロスが切れたりばらけたりしにくいのが特徴です!

 初めて使用する方や修復物が多い方にはワックスタイプがオススメです!!!

 

 

〇ノンワックスタイプ

 ノンワックスタイプでは繊維がワックスで固められていません。

繊維が広がって歯の表面にフィットするので、汚れ落としの効果が高いのが特徴的です!

ただし、切れたりばらけてしまうことがあります。

 

 

 

 

 

フロスをいつもの歯磨きに併用することで

プラークの除去率がとても上がります!!!!!

最初は慣れず難しいかと思いますので

使い方がわからない場合はお気軽にお声掛けくださいませ!

 

 

 

また、無料の矯正カウンセリングも受け付けております!

お問い合わせくださいませ♪

 

 

 

 

 

 

歯科タウン