子どもの虫歯予防

子どもの虫歯予防

こんにちは!

名古屋ウィズ歯科・矯正歯科です(^^♪

今日は子どもの虫歯予防についてお話していきます!

子どもの虫歯予防で大切なことは

①ミュータンス菌の感染を防ぐこと

②砂糖をとる量をコントロールすること

③歯の質を強化すること

です☺

 

①ミュータンス菌の感染を防ぐ

 ミュータンス菌は、生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内には存在しない細菌です。

しかし、奥歯が生える1歳6か月ごろから、周囲の大人の唾液を介してもたらされ、数が多いほど虫歯になりやすいとされています。

特に、1歳6か月から、子どもの歯4がすべて生えそろう2歳7か月ころまでが一番感染しやすい時期とされていますので注意が必要です。

ミュータンス菌の感染を防ぐためには、まず一番身近なご家族の口腔内の環境を整え、ミュータンス菌の数を減らしておくことが重要となります。

また、なるべく唾液がお子さんのお口に入らないようにすることが重要となります。

例えば、食べ物の口移しや、スプーンの共有などは控えましょう。

 

②砂糖の摂取量をコントロールしましょう

 砂糖をとると、お口の中のプラーク(歯垢)の中の菌が砂糖を分解し、酸を作り出します。

この作り出される酸によって、歯の表面が溶かされ、虫歯になってしまうのです。

この酸性の環境を中和してくれる働きがあるのが唾液です。

しかし、だらだらと砂糖を摂取し続けてしまうと、口腔内がずっと酸性の環境になり、歯が溶けだしてしまうのです。

 

③歯の質を強くする

 歯の質を強化するために取り入れたいのがフッ素です。

フッ素は、歯の質を強化し、虫歯になりにくい丈夫な歯を作ってくれます。

また、虫歯になりかけの歯の再石灰化を促進したり、プラーク(歯垢)の中にも作用し、酸が作られるのを抑える働きがあります。

歯にフッ素を取り込む方法としては

・歯科医院での高濃度フッ素塗布

・ご家庭でのフッ素洗口

・フッ素入り歯磨き粉の使用

などがあげられます。

 

お子様の虫歯予防のためにできることを3つご紹介しましたが、いかがでしょうか?

ご家庭で虫歯予防に気を付けて頂くとともに歯科医院での定期健診もとても重要になってきます。

名古屋ウィズ歯科・矯正歯科では子どもの虫歯治療やクリーニングなども行っておりますので気になることがあればご来院ください(^^♪

一覧に戻る